スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  第3章 もうひとつの宇宙的大異変 その2

 シューマン共振はα波と同じ波長だった
7.8Hzとは脳波のα波が出ているときと同じ数値。
β波12から26ヘルツ α波7から12ヘルツ
θ波4から7ヘルツ
最も深い瞑想状態に入ったときは脳波は7.8ヘルツとなる。
リラックスした状態で川のせせらぎや風の音を聞くと瞑想状態と同じ7.8ヘルツになる。

 いまだに公式見解を出さないアメリカ政府
シューマン共振に異変が現れているのではないか?
人間の脳には微弱な電気の流れがあり、神経系を通じてからだの隅々まで流れている。
この流れを電磁波が混濁し、人間の内部機能に影響を及ぼしている。

 アメリカ海軍の通信周波数変更の理由
1980年を境にシューマン共振は徐々に波動が上昇を始め、1997年には10.1ヘルツ、
2000年を超えて14ヘルツ近くまで上昇。
軍事専門家によると、安定している7.8ヘルツを潜水艦との通信で使っていたが
最近は8.6ヘルツへ変更されている。

 シューマン共振の上昇が興奮へと導く
14ヘルツになったということは過去の2倍の振動が発生していることになる。
β波では興奮状態。まどろみの波長から覚醒の波動に。
昨今の凶悪事件や戦争との関わりも懸念。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

マヤの暦

Author:マヤの暦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。