スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1章 大宇宙から降り注ぐ謎のエネルギー

 第1章 大宇宙から降り注ぐ謎のエネルギー
 宇宙の異変が急速に進み始めている
2002年1月 NASA発表 太陽活動の異常状態を公表
太陽の黒点活動は無秩序状態にある。
シカゴ大学の物理学教授ノーベル賞受賞者でもあるジェームズ・ワトソン・クローニン博士より
「既存の物理学では説明できない非常に強いエネルギーを伴ったミステリアスなパワーが
ここ数年、地球に向かって謎の粒子が浴びされている」

 パイオニア号が直面した謎のエネルギー
万有引力の法則が否定されかねない事態が宇宙空間で起こっている。

 研究中断に追い込まれた「スーパーカミオカンデ」
2001年ニュートリノ観測実験を行うスーパーカミオカンデで謎の破壊事故。

 いまだに解明されていない太陽の謎
太陽黒点の増加は11年周期。一度は収束に向かったものがまた増加している。
フレアという大爆発が起こる場合、太陽からの荷電粒子の活動が激しくなり、
そのため太陽磁場が増大、その磁場に蓄積されたエネルギーが一気に放たれる。
地上の電波での通信網が乱されたり、人工衛星の機器が不調になったりする可能性がある。

 欧米は太陽の活発化にあせりを感じている
ラザフォード・アップルトン研究所のマイク・ロックウッド博士の研究では
1901年以来太陽の磁界がそれ以前に比べ230%も上昇。
「ジュネシス」太陽の科学調査を行うための探査宇宙船。

 恐怖の殺人ウィルスが飛んでくる
太陽黒点の活発な時期にインフルエンザが猛威を振るう。
宇宙から太陽風に乗って10年ごとに飛来する新型のインフルエンザウィルスが
北極のかもに寄生する可能性があるという仮説。

 原発100基分のスーパーフレアが押し寄せてくると・・・
宇宙天気予報・・・茨城県ひたちなか市の総務省通信総合研究所
フレアの状況によっては、飛行機との無線が通じなくなったり、
大気や発電所の電線に電流が流れたり、人工衛星が故障したりする。
スパーフレアに地球が襲われたら、2億年の生き延びたゴキブリすら生存できない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

マヤの暦

Author:マヤの暦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。