スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  第4章 太陽系がフォトン・ベルトに突入する日 その4

 マヤ暦は5000年をひとつの周期としていた
マヤの暦は260日を1周期とした【ツォルキン暦】と365日を1周期とした【ハアブ暦】を
併用していた。
特に【ツォルキン暦】は神事や行事を執り行うときの暦
金星との会合周期についても583.92日という6000年でわずか1日しか誤差がない数値
を知っていた。
5128年周期で大きく5つに刻まれている
太陽黒点が多いときは、強大な文明が栄えているときと正確に対応し、低下しているときは
文明レベルが全体的に落ち込んでいて文明の没落期と重なる。
太陽黒点の活動が原因で小氷河期になると、海からの蒸発が減って干ばつになる。
マヤ文明は干ばつに見舞われていた。雨神チャクを崇拝

 太陽の黒点のサイクルが文明史に影響を及ぼしている
黒点はおよそ11年ごとに活発化する。
太陽の磁気極性の大きな変動サイクルはマヤ暦の5128年周期と一致。
黒点数の変動サイクルが、シュメール文化やエジプト文明、ローマ文明、ギリシャ文明の極大期、
極小期と重なり合った。
暦の変動サイクルは最大2万6000年太陽の変動すらも認知した上で作成されていた。

 マヤ暦が予言した【現代文明が終わる日】
紀元前3114年8月に始まり、2012年12月23日で終わる5つの時代のカレンダーが基本。
その日以降何も記されていない。
マヤが使っていた正確なカレンダーは、2012年に地殻変動で現代文明の大半が破壊されると
予言している。
ホピの予言でも地球が終わりを迎えるのは2012年。
フォトン・ベルトは2万6000年周期で光のシャワーで太陽系を包み込むサイクル。
2012年に地球の磁場はゼロになるという考え【ゼロポイント】
3500年から3600年前に急速に磁場が減少、南北の磁場が入れ替わっていた。
地球の磁場は50万年ごとにゼロになり、それから回復する過程で地殻変動が起こり、
地震や火山が起こる可能性が高い。なぜかというと、地球の自転が一時的にとまるから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

マヤの暦

Author:マヤの暦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。