スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  第4章 太陽系がフォトン・ベルトに突入する日 その3

 南極の氷山が、実はどんどん溶け出している!
溶け出した南極の氷は、タイタニック号と衝突した氷山の数倍以上なのに
漂流していないのは、アメリカがプラズマ兵器で一瞬にして氷山を気化させているから。
気化させないと海面が上昇し多くの都市が水没する恐れがある。
温暖化の原因は二酸化炭素ではなく、フォトンベルトの接近に備え、地球自体の温度が
高くなっているとアメリカ政府当局は考えている。
海底火山、マグマの活動により土地の温度が250度や300度、干ばつも起きた。
太陽活動がフォトン・ベルトにより、活発化され、噴火や地震、ハリケーン、トルネードを
激増させている。

 フォトン・エネルギーは「水」に大きな影響を与える
フォトン・エネルギーは水に吸収されやすいため、海流の流れにも影響。
もちろん、ほとんどが水分の人間にも影響。
地球の核の大部分である水晶がフォトン・エネルギーに反応して振動している。
これでシューマン共振の上昇も説明できるだろう。

 宇宙の起動を知っていたマヤ文明
マヤ文明は紀元前3世紀から9世紀にかけて、メキシコ南部グァテマラの熱帯雨林で栄えた。
「ゼロ」の概念、最大単位アラトゥンは230億4000万、公転周期は現代との年間誤差が
17秒、天王星、海王星にいたる太陽系、宇宙の起源、大遺跡など、知識・技術は素晴らしい。

 「マヤの預言書」に描かれた太陽磁場の逆転
マヤが衰退の時期に太陽の磁場の逆転が起こることを知っていた。
太陽からの放射線が増大することにより乳児死亡率が増加し、やがては絶滅という
磁場逆転の影響を予測していた。
【ドレスデン絵文書】260日周期を知っていた。
          金星の位置・・・136万6560日金星が生まれた日
マヤ数字の解読により、金星の運行は太陽黒点の周期を追跡する目的で観測されていた。
黒点の20周期ごとに磁場の逆転が起こることを予測していた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

マヤの暦

Author:マヤの暦
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。